意外なナンバーワンと伝統工芸

ランキング

意外なナンバーワンと伝統工芸

神奈川県、特に川崎市横浜市は首都圏に勤める人々のベットタウンという役割がまず思い浮かびますが、それだけではなく意外にも全国ナンバーワンの産業がいくつかあります。

 

一つにシャンプー・ヘアリンスの生産高が日本全体の4割を占めているという事、同じく家庭用合成洗剤の生産高が約2割、チーズの生産高がやはり全国の3割近くを占めているという意外な事実があるのです。

 

例えばチーズの生産高は、北海道じゃないのかしら?と思われる方も多いことと思いますが、ではなぜ神奈川県が生産高ナンバーワンなのか、不思議ですよね。

 

チーズにはナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。
ナチュラルチーズは牛乳から作られたもの、プロセスチーズはナチュラルチーズを原材料として作られたものなのです。

 

神奈川県で生産されているのは、プロセスチーズです。
つまり横浜港に入ってきた輸入チーズを加工して、プロセスチーズとしたものが神奈川県生産のチーズというくくりになるというわけなのです。

 

また、神奈川県の伝統工芸といえば鎌倉彫、箱根の寄木細工などが上げられますが他に横浜のクラシック家具というものもあります。
これは幕末に横浜を開港したことから外国人居留地となり、そこに住む外国人が使っている家具を、横浜の家具職人が修理したことから始まったものです。
現在は横浜のクラシック家具は、日本国内で使用されるのはもちろん、海外に輸出されてもいます。

 

このように、神奈川県の特産品としての数々は、その地の利や歴史ならではのものがあるといえましょう。