神奈川の歴史探索

ランキング

神奈川の歴史探索

私は神奈川に住んで30年ほどになります。
スタートは藤沢駅近くでした。
1年ほど経って横浜に越してきました。
横浜駅の近くです。
子育てをしながら神奈川のことを色々と知りました。

 

現在は東海道の宿場町神奈川宿だったところに住んでいます。
遊郭や料亭がありにぎわっていたことが『神奈川砂子』など江戸時代の資料にも書かれています。
旧東海道に沿って神奈川宿を登っていくと正面に富士山が見えます。
江戸から来た旅人は夕日に映える富士山を眺めどんな思いだったか想像することがあります。

 

近くには洲崎大神(武州神奈川宿青木町御鎮守・洲崎神社)があります。
源頼朝が建立したと伝えられています。
6月の例祭にはお神輿や山車がでます。
露天が並びにぎわっています。
毎年例祭中1日は雨が降り梅雨の訪れを感じます。

 

 

現在の横浜駅周辺はそれまで海だったところを
明治維新のころ高島嘉右衛門らにより埋め立てられたものです。
開港後各国の領事館が置かれました。
本覚寺は旧アメリカ領事館・慶運寺は旧フランス領事館です。
どちらも歩いていけるところです。

 

開港後、横浜は一躍歴史の舞台に踊り出ました。
安政6年6月2日に開港したので現在も開港記念日として子供たちは休みとなります。
開港際ライブや花火が催されます。

 

神奈川に住んで地元の歴史を知ることが楽しく思えます。