「鰺の押し寿司」と「鎌倉ハム」

ランキング

「鰺の押し寿司」と「鎌倉ハム」

神奈川県鎌倉市に在する大船駅は、東海道本線・横須賀線・根岸線の三路線の他に、湘南モノレール江ノ島線が乗り入れる、交通の要衝です。

 

ここ大船駅では、古くから全国的に有名な駅弁「鰺の押し寿司」が販売され続けています。
この「鰺の押し寿司」を製造する「大船軒」は、明治21年の大船駅の開業とともに始まりました。

 

当初、この駅の名物となったのは押し寿司ではありません。それは、日本初の「駅弁サンドウィッチ」でした。明治32年に世に送り出しました。
当初輸入ハムを用いたサンドウィッチは、またたくまに売れ、その美味しさと珍しさから売り切れが続きました。
やがて、創業者はハムの自家製造を手がけ、これが現在の神奈川県名物ともなっている「鎌倉ハム」の始まりです。
サンドウィッチに挟まれたハムは評判をよび、ハムの注文が舞い込むことが頻繁となったために、明治33年に大船軒のハム製造部門を切り離して、鎌倉ハム富岡商会を設立されるに至ったのです。

 

「鰺の押し寿司」は大正2年に発売されましたが、サンドウィッチ販売が日本各地で販売されるに従い、その特色を失ったことから、創業者が相模湾から水揚げされる鯵に注目して製造されました。

 

現在でもこの「鰺の押し寿司」は全国的にも有名で、今も大船軒では日に3000から4000食を製造しているそうです。当時と全く変わらない「小鯵」にこだわって、伝統の味を守り続けています。

 

古き良き味のする「鰺の押し寿司」は、古都鎌倉の散策のお供やお土産にはぴったりではないでしょうか。