風土が育んだ「かんこ焼」

ランキング

風土が育んだ「かんこ焼」

神奈川県の津久井に伝わる郷土料理「かんこ焼き」は、地元で採れた山菜や小豆餡、かぼちゃや漬物といった具を、小麦粉の皮で包んで、焼いてから蒸し上げたものです。
焼いてから蒸し上げるため、皮は香ばしく上にもっちりとした食感で、地元の自然の恵みが詰まった具と合わさって、なんとも言えない素朴な味わいです。
ついつい2個、3個と手が出てしまいます。

 

津久井は、湖と森林、そして清らかな水流に囲まれた自然豊かなところです。
稲作には適さないこの山間地域は、古来から麦や豆が作られてきました。
「かんこ焼き」もそうした風土が生み出した美味しい食べ物で、江戸時代に昼食に食されていたのが起源です。
かつては、あゆの腸の塩辛である「うるか」や味噌を具にして地粉で包んで、灰に中に埋めて蒸し焼きにしていたそうです。昼食だった「かんこ焼き」はその後おやつとして食べられるようになりました。

 

現在では、家庭で作られることは少なくなりましたが、町おこしの一環として製造販売されています。

 

また、2007年の農林水産省の「農山漁村の郷土料理百選」に選定されています。
相模原市内の「津久井湖観光センター」や「鳥井原ふれあいの館」などで、特産品として販売されています。

 

出会いサイトなどを通じて素敵な神奈川県民と出会って、素朴な味わいの「かんこ焼き」を試しに神奈川に遊びに行くのもいいのではないでしょうか。