神奈川の名産・名物

ランキング

神奈川の名産・名物

神奈川県にはたくさんの名物や名産が存在しております。

 

神奈川県民との出会いを期待している人には、是非とも知っておいて欲しいものばかりを集めてみました。

 

最初にご紹介する神奈川の名産は「鎌倉彫」です。

 

「鎌倉彫」は、言わずと知れた古都鎌倉の名産品で、彫刻漆器です。

 

この漆器の歴史は鎌倉時代にまでさかのぼります。
源頼朝、北条氏が実権を握った鎌倉時代には、水墨画などの絵画や、磁器、また漆器などが数多く輸入されました。それらをもたらしたのは宋の禅宗の僧たちです。
当時は、彼ら建長寺や円覚寺といった禅宗寺院が次々と建立されましたが、彼らの宗教、生活に関わる文机や須弥壇什器類も同時に制作されたのです。
今に伝わる円覚寺の牡丹文前机や、建長寺の黒漆須弥壇はその例です。
これらを担ったのは、奈良から造仏目的に来た仏師たちであり、木工技術に富んだ彼らと、宋の文化が融合してそのような什器類を作ったのではないかと考えられています。

 

また、現在円覚寺に蔵する屈輪文彫木朱漆大香合のような彫漆品なども当時はもたらされていました。
これは、漆を幾重にも塗り重ねて、緻密な彫刻がほどこされた大変貴重なものですが、非常に高価で数量も限定されるために、木に彫刻を施して漆を塗った木彫彩漆のものが作られるようになったのです。こうした木彫彩漆の工芸品が、時を経て日本的な作風へと変化していったのです。

 

室町、江戸時代を通じて「鎌倉物」、「鎌倉彫」として人びとに好まれて使われましたが、現在の鎌倉彫の展開は、明治以後です。
明治初頭の神仏分離令、廃仏毀釈の運動によって、多くの仏師たちはその仕事を失い、最終的に仏師は三橋家、後藤家のみとなりました。
この二軒の仏師らは、以後仏像制作から工芸品制作へと舵を切り、別荘地としての鎌倉発展ととともに、茶托や菓子皿といった日用品、お土産品の制作を展開していったのです。

神奈川の名産・名物記事一覧